total_views = 184
  • Categories
  • グルコサミンのさまざまな効能について

    • Home
    • 未分類
    • グルコサミンのさまざまな効能について

    グルコサミンといえば、変形性ひざ関節症の痛みをやわらげるとされていることはご存じの方も多いようですが、軟骨の他にも皮膚や骨、靱帯、血管、脳など全身に存在していて、欠かせない働きをしています。グルコサミンの摂取によって、乾燥肌が改善するとの研究結果での報告もあり、皮膚においてもグルコサミンが保水力のあるヒアルロン酸などの合成を促すのではないかと考えられています。それに、血液の凝固に関わる血小板の凝集を抑えて血栓を防いだり、血管の炎症を抑えて動脈硬化を防ぐ働きなどに期待されています。


    近年では、寿命延長に関わる可能性が注目されていて、米国の中高年者を対象にした、服用しているサプリメント類と10年間の死亡率との関係を調査したところ、2010年にはグルコサミンを摂取すると死亡率が約17%低下するとの結果が発表されていて、細胞の抗老化にも作用するのではないかと期待が高まっています。グルコサミンは体内で合成されますが、加齢とともにその力は弱まってしまいます。カニやエビの甲殻類の殻のキチン質に多く含まれるグルコサミンは、食事から摂ることが難しいので、サプリメントを利用することをおすすめします。

    About